VIPLOG

雑ニュース&雑談のログと2ちゃんねるまとめ。

2017年06月

【漫画】冨樫義博 『HUNTER×HUNTER』34巻で自ら「クロロvsヒソカ」の解説を行う

1:2017/06/29(木) 15:27:22.65 ID:
6月26日に発売された『HUNTER×HUNTER(ハンターハンター)』34巻に対し、一部のファンの間で動揺が広がっています。
それは約1年ぶりの新刊だから、ということではありません。
巻末に冨樫義博さん本人による「クロロvsヒソカ」の解説が掲載されていたからです。

冨樫先生にそこまで明るくない読者の方は「?」と思うかもしれません。
同じジャンプ作品の『ONE PIECE』であれば、読者投稿コーナー「SBS」で、尾田栄一郎さんが作品背景や今後の展開も答えていたりしますから。

しかし、少なくとも筆者の知る限り、冨樫先生が作品の先の展開に対する言及を行ったことはありません。
それだけに、連載中の作品に対して、それも弱音とも受け取れるようなコメントが収録されたことは、コアなファンにとって大きな衝撃があったことは強調して記しておきます。

そこで『ハンターハンター』34巻の解説に対する、いくつかの仮説を立ててみました。
「なぜ、あの解説が掲載されたのか?」という問い自体に、今後の『ハンターハンター』を読み解くヒントがあると考えたからです。
すべてこじつけのような予想でしかないですが、「あり得るかも」なんて思えたら、さらに『ハンターハンター』を楽しめるんじゃないでしょうか。

■『ハンターハンター』冨樫先生の解説には何が記されていたのか

まず単行本未読の方に向けて、冨樫先生からのコメントがどのようなものだったのかを、要約してお伝えします。

・「クロロvsヒソカ」でやりたいことがいくつかあった。
・ひとつは「対決そのもの」。両者を勃たせながら(原文ママ)、100%勝つと宣言したクロロを勝たせること。
・一番やりたかったことは「旅団の誰かを(ヒソカに)殺させること」。
・ストーリーづくりにおいて、冨樫先生なりのマニュアルはあるが、最終的な判断は「勘」であること。

ここで重要なのは、ヒソカが殺害する旅団のメンバーを「勘」で決めたことでしょう。
しかし「解説の解説」に入るその前に、もうひとつ前提として共有したい「クロロvsヒソカ」戦のストーリーがあります。

●仮説1:ヒソカは嵌められたのか?

「クロロvsヒソカ」戦は、読者にとって連載初期から待ちに待ったバトルであったと同時に、『ハンターハンター』の魅力が惜しみなく注ぎ込まれた超ハイコンテクストな激闘でした。
クロロの持つ「盗賊の極意」(スキルハンター)は、他者の念能力を奪うという性質を持っており、「番いの破壊者」(サンアンドムーン)、「人間の証明」(オーダースタンプ)という能力に加え、自身の率いる旅団メンバーの「携帯する他人の運命」(ブラックボイス)、「神の左手悪魔の右手」(ギャラリーフェイク)も持ち込んだ万全の体制。

それらをスキルハンターに付随する「栞のテーマ」(ダブルフェイス)で、コンボさせながら確実にヒソカを追い詰めました。
ここで、能力の解説を一からすることはしませんが、結論から言うと「クロロvsヒソカ」戦は、「盗んだ念を駆使しているように見えるけど、実は観客に旅団メンバーが紛れて援護してる」という可能性が非常に高いということが読み取れます。

その考察の裏付けは下記の記事を読んでいただきたいのですが、試合中のヒソカの疑問にも符合しますし、クロロの使用した能力を持つ旅団メンバーが会場にいる理由を考えれば十分ではないでしょうか?
しかし、その重層的な情報量と複雑さによって、一読しただけでは「旅団vsヒソカ」戦の詳細を理解することは困難を極めます。

正直、ガチファンを自称する筆者ですら、ぶっ飛ばしすぎてると思います。
であれば、最も深く読み込むであるはずの冨樫先生の担当編集者は、より一層その思いを募らせたのではないでしょうか?

●仮説2:冨樫先生、あとがきコメントは担当編集の良心?

繰り返しとなりますが、そもそも「冨樫先生のあとがきが単行本に載ったこと」自体が、ファンにとっての驚きでした。
ですので、ここでは「なぜあとがきが載ったのか?」を考えたいと思います。

筆者自身も編集という職業ですので、作者と読者の関係を良好にしながら、作品を伝える方法を考えることはよくあります。
つまり作品を開くこと。解説です。

余談ですが、筆者自身もラッパーのハハノシキュウさんに書いていただいた「『クロロvsヒソカ』がMCバトルだったら」という短編小説が、あまりに面白くも唐突すぎたため、冒頭に解説を依頼したこともあります。


http://news.livedoor.com/article/detail/13264973/
2:2017/06/29(木) 15:27:45.61 ID:
※続きです

話が逸れてしまいましたが、「冨樫先生の解説が載っている」ことに対して、ここまでテキストを書いてきた筆者ですら「ぶっ飛ばしすぎてる」と感じた「クロロvsヒソカ」戦に対して、担当編集者が何も感じないわけが無い、ということを伝えたいのです。

上述の通り、ミスリードに溢れ、あまりにもハイコンテクストだった「クロロvsヒソカ」戦。
仮に筆者が冨樫先生の担当編集者だとすれば、冨樫先生本人から「あれは旅団vsヒソカだった」というコメントが欲しいと考えます。
そうすることで、より多くの読者が、より深く『ハンターハンター』を読み解くきっかけとなりますし、なによりただでさえ完全に理解することの難しい複雑なバトルに裏の駆け引きまで詰まっていると、今後、読者がついて来れなくなる可能性も懸念されます。

つまり巻末のコメントが掲載された理由は、端的に言えば「担当者からの指示」で間違いないでしょう。
しかし、あの鬼才・冨樫義博が担当編集者の言うことなんて聞くでしょうか?
そう。書かれたあとがきは、担当者の期待する内容とはあまりにかけ離れた内容だったのです。

■「クロロvsヒソカ」の解説、ではあるけれど

ここからは、「旅団vsヒソカ」および、「解説は担当編集者からの指示」という前提のもと、さらに考察を続けます。
数々の伏線が張り巡らされた『ハンターハンター』において、作者が解説をすることはひとえにタブーと言っても過言ではありません。

「『クロロvsヒソカ』戦の解説がほしい」という編集者の思いを知ってかしらずか、冨樫先生が出したコメントは、内心の吐露でした。
冨樫先生は過去のインタビューなどでも語っている通り、ストーリーをネームにする前にキャラの掛け合いをさながら漫才のように書き出していくそうです。

そうして複数の論理展開をぶつけさせた上で、最後に主人公が解を出す。
また、作品に描かれない部分でも、そのキャラクターが「本当にその行動をとるのか」と検証する作業もされていると話します。

作品における理不尽さをなくすことが目的だそうですが、それはキャラクター至上主義であるとも解釈できます。
現在もWeb上で読める石田スイさんとの対談では「キャラクターをコントロールできていない時の方が、漫画は面白くなりますよね」と語る姿もあり、このメソッドこそが冨樫先生の真骨頂であると言えるでしょう。

そんな冨樫先生が、巻末の解説において「ヒソカはあの場でマチを殺したがっていたのですが、僕が却下してしまいました」と記しました。
筆者も読者として、「旅団全員、逢ったらその場で殺す」と天空闘技場での復讐に燃えるヒソカが、目の前のマチを生かしたことは、物語の都合上、メッセンジャーの役割が必要だったとはいえ、疑問が残りました。

「楽しみながら戦う」ことから「必ず旅団を殺す」ことに目的が変わったヒソカにとって、メッセンジャーの存在は邪魔でしかないからです。
つまり、「ヒソカがマチを生かす」という一件不条理な選択は、冨樫先生の物語制作のメソッドを覆して行ったものだったとすら考えられます。
もちろん制作のメソッド自体が、すべてに当てはまらない可能性もありますが、冨樫先生が最後に記した「後悔しないといいなぁ……」というコメントの理由はそこにある気がしてなりません。

──この記事はあくまで仮説に基づく妄想であり、確定的な情報はありませんが、長年の読者として感じた違和感に想像を張り巡らせてみました。

連載も再開した『ハンターハンター』。
未踏の地へ向けた冒険は、より一層、考察の余地を膨らませてくれることでしょう。
長くなりましたが、ここまで読んでいただいてありがとうございます。冨樫先生は最高! 天才!

※以上です
3:2017/06/29(木) 15:43:42.48 ID:
初めての2げと!
5:2017/06/29(木) 15:49:42.85 ID:
なんだやっぱりヒソカは旅団に嵌め殺しされたんだ
続きを読む

【アニメ】TVアニメ『Dies irae』放送時期は10月に決定。藤井蓮やラインハルトが描かれたビジュアル解禁

1:2017/06/29(木) 12:21:13.78 ID:
TVアニメ『Dies irae』の放送時期が10月に決定しました。
また、本作の最新ビジュアルが解禁されました。


公開されたビジュアルは、主人公・藤井蓮(声優:鳥海浩輔)や
ラインハルト・ハイドリヒ(声優:諏訪部順一)ら聖槍十三騎士団が描かれている内容となっています。

また、本アニメの公式Twitterが開設されました。
今後TVはアニメ『Dies irae』の最新情報を発表していくとのことです。

■連続ラジオ風ドラマ“いらっしゃい雑念寺”連載開始

公式サイトで連続ラジオ風ドラマ“いらっしゃい雑念寺”が連載開始されます。
シナリオは、原作ライター・アニメ脚本シリーズ構成の正田崇さんの書き下ろしです。

超絶まったり空間を藤井連(声優:鳥海浩輔)の幼なじみでクラスメイトの綾瀬香純(声優:福原綾香)と
2人と同じ学校に通う先輩・氷室玲愛(声優:生天目仁美)がお届けしていくとのことです。
また、番組には聖槍十三騎士団の面々も続々登場予定です。

TVアニメ『Dies irae』公式サイト
http://diesirae-anime.com/

以下ソース:電撃オンライン 2017年6月29日(木)
http://dengekionline.com/elem/000/001/548/1548385/
3:2017/06/29(木) 12:24:06.05 ID:
ラインハルトっていうから銀英伝かと
4:2017/06/29(木) 12:25:37.85 ID:
MXで放送して大コケが既定路線だな
5:2017/06/29(木) 12:27:18.90 ID:
マンコ向け!?
続きを読む

【大阪】「けものフレンズ」とコラボ フレンズに会いに来て! 岬町のみさき公園で7月6日から

1:2017/06/29(木) 09:19:40.26 ID:
大阪府岬町のみさき公園で、人気アニメ「けものフレンズ」とコラボしたイベントが7月6日から開かれる。
期間中は獣舎付近にアニメのキャラクター「フレンズ」たちのパネルを展示するほか、オリジナル缶バッジも発売。

同公園の担当者は
「多くのアニメファンの方に訪れていただき、この機会に本当の動物たちにも触れあってもらえたら」と期待を寄せている。

「けものフレンズ」は、テレビ東京系で今年1~3月まで放映されたアニメ。
巨大総合動物園「ジャパリパーク」を舞台に、神秘の物質「サンドスター」の影響で動物が人の姿へと変身した
フレンズ(アニマルガール)たちが大冒険を繰り広げるという物語で、絶大な人気を集めた。

今回展示されるのは、同公園で飼育中の約40種から、アミメキリンやニホンアナグマなど19種類のフレンズたちと、
同公園にはいないが、アニメのメインキャラであるサーバルキャットの「サーバル」と、
フェネックギツネの「フェネック」を加えた計21種類のパネル(全長約60センチ)。

各パネルは各獣舎付近に設置されるほか、フェネックは園内のメモリアル広場に、
サーバルは「すぐに見つからない場所」に設置して「どこにいるのか探してみるのも楽しんでもらえたら」(広報担当)という。

また、オグロプレーリードッグとバンドウイルカのフレンズが描かれた
オリジナル缶バッジ(各300円、初日は500個ずつ用意)が販売されるほか、飼育員が動物の生態解説を行う
夏季限定イベント「ナイトズー」の参加者には、アカカンガルーのフレンズが描かれた缶バッジがプレゼントされる。

ペンギンのフレンズのパネルをずっと見続けるオスのフンボルトペンギンが
「恋をしたのでは」とネット上で話題になるなど、全国の動物園に話題を提供したコラボとあって、
みさき公園は「このコラボを来園のきっかけにして、ぜひ足を運んで楽しんでもらえたら」と話している。
9月19日まで。

写真:コラボ企画で販売される「バンドウイルカ」のオリジナル缶バッジ

写真:コラボ企画で販売される「オグリプレーリードッグ」のオリジナル缶バッジ

写真:みさき公園の夏季限定イベント「ナイトズー」参加者全員にプレゼントされるアカカンガルーのオリジナル缶バッジ


以下ソース:産経west 2017.6.29 08:22
http://www.sankei.com/west/news/170629/wst1706290024-n1.html
2:2017/06/29(木) 09:23:14.68 ID:
アライさんが2ゲットなのだ!
3:2017/06/29(木) 09:25:52.77 ID:









59:2017/06/29(木) 21:15:34.65 ID:
>>3
かわいい
続きを読む

【漫画】「FGO」がゼロサム&別マガでコミカライズ!白峰とカワグチタケシが担当

1:2017/06/28(水) 21:43:03.47 ID:
スマートフォン向けゲーム「Fate/Grand Order」のコミカライズが決定した。


これは本日6月28日に配信された番組
「Fate/Grand Order カルデア放送局 Vol.6 アガルタの女 配信直前SP」で発表されたもの。
コミカライズの連載は月刊コミックZERO-SUM(一迅社)と別冊少年マガジン(講談社)の2誌で行われ、
それぞれ第1部の異なる「章」を描いていく。

コミックZERO-SUM版は、「テイルズ オブ ゼスティリア」のコミカライズ「導きの刻」や、
「刀剣乱舞-ONLINE-」で和泉守兼定と堀川国広のイラストを手がけたことで知られる白峰が担当。
タイトルは「Fate/Grand Order -mortalis:stella-」で、7月28日発売の9月号より連載開始となる。

別冊少年マガジン版の連載は8月9日発売の9月号よりスタート。
タイトルは「Fate/Grand Order -turas realta-」で、コミカライズは「女王陛下の補給線」のカワグチタケシが務める。

「Fate/Grand Order」コミカライズ担当章
コミックZERO-SUM:序章、第1章、第2章、第4章、第6章、終章
別冊少年マガジン:序章、第1章、第3章、第5章、第7章、終章

以下ソース:コミックナタリー 2017年6月28日 21:29
http://natalie.mu/comic/news/238678
2:2017/06/28(水) 21:49:53.74 ID:
拝み屋横丁の代わりがこれか・・・。
3:2017/06/28(水) 22:18:07.00 ID:
別マガ7月発売号の新連載は異世界偉人カードバトルなんだよwww
4:2017/06/29(木) 00:40:31.35 ID:
課金でGO
続きを読む

【フィギュア】 ミステリアスなボーカロイド・巡音ルカがセクシーな雰囲気全開の衣装でフィギュア化!

1:2017/06/28(水) 15:38:20.30 ID:
公開日:2017年6月27日 12:00
電撃ホビー編集部

セガの大人気リズムゲーム『初音ミク -Project DIVA- F 2nd』より、巡音ルカが「テンプテーション」のモジュールでマックスファクトリーからフィギュア化!!

普段のミステリアスな雰囲気とはガラッと印象が変わった、可愛らしさとセクシーさを兼ね備えた装いで立体化されたルカ。ベースもトランプをイメージしたデザインとなっており、ゲームの雰囲気を見事に表現してくれています。



実力派原型師・グリズリーパンダ氏により、彼女の抜群のプロポーションが見事に表現されています。また、ポーズに合わせてなびくピンク色の髪も繊細な塗装が施され、フィギュアの美しさを引き立ててくれています。




交換用表情パーツにより、マスクを外した状態でもディスプレイ可能。腰と膝に手を添えながら優しく微笑む表情がステキすぎます!! また、スラっと伸びるおみ足のラインも美しく、艶感のある塗装が施されたストッキングでその色香が更にアップしていますね。

http://hobby.dengeki.com/news/403193/

Posted at 2017年6月27日(火) | Category:マックスファクトリー, 美少女フィギュア
モジュールデザイン:hatsuko
(C)SEGA / (C) Crypton Future Media, INC. www.piapro.net

http://hobby.dengeki.com/news/403193/
©KADOKAWA CORPORATION 2016
4:2017/06/28(水) 16:53:27.84 ID:
これじゃない感があるな
5:2017/06/28(水) 16:56:29.26 ID:
鼻づまり声
6:2017/06/29(木) 13:04:19.13 ID:
鼻ブラート
続きを読む

【話題】「シャープ製品」公式Twitter「ミニスーファミ」値踏みで謝罪 「不適切な発言をしてしまいました」[06/28]

1:2017/06/29(木) 03:28:58.99 ID:
 シャープ製品公式Twitter(※「シャープさん」ことシャープ公式アカウントとは別)は6月28日、炎上していた「ミニスーファミ」の“値踏み”ツイートについて、
「不適切な発言をしてしまいました」「心からお詫びいたします」と謝罪しました。

 発端となったツイートは6月27日に投稿されたもの。任天堂の「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン発表に寄せて、「面白そうだけど…冷静に、
私の思い出(年代的にボリュームゾーン世代より少しずれている事が大きい)を価値に換算していくと…」と、本体および収録タイトル21作品の「価値」を表にして、
任天堂のアカウントにリプライを送っていました。

 しかし、あくまで「私の思い出」と断ってはいたものの、「スーパーマリオワールド」200円、「F-ZERO」300円、「超魔界村」100円などあまりにも
辛口な値付けだったことから、「なぜ公式アカウントで他社製品を値踏みするようなことを」と批判が殺到。さらに「聖剣伝説2」0円、「ファイアーエムブレム 紋章の謎」0円、
「星のカービィ スーパーデラックス」0円など、いくつかのタイトルに至っては「0円」評価だったことも、ファンの怒りに火をつけました。

 その後シャープ製品公式Twitterは、「誤解を招いた」として「0円」→「未購入」に修正したバージョンを改めて投稿しましたが、それでもファンの怒りは
収まらず再炎上。結局、一連のツイートは削除し、「不適切な発言をしてしまいました」とTwitterで謝罪しました。

 一連のツイートに対しネット上では、「非常に不愉快」「個人のつぶやきレベルの発言」とやはり批判的な声が相次ぐ形に。また「カービィSDXとFE紋章を
無価値としたシャープ許すまじ」「魂斗羅スピリッツは名作」など、無慈悲にも0円を付けられた各作品のファンによる怒りのツイートも目立っていました。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170628-00000105-it_nlab-sci
2:2017/06/29(木) 03:32:13.17 ID:
開発に関係したとかそんなことかと思った。
昔ツインファミコンとかC1作ってたし
3:2017/06/29(木) 03:36:47.41 ID:
目の付け所がシャープ過ぎて不当たり起こす
4:2017/06/29(木) 03:39:16.45 ID:
シナ企業だしこんなもんじゃないの?
続きを読む

【アニメ】『サクラクエスト』第2クールの放送に向けて、新キービジュアルが公開! 新OP&ED情報も解禁に! @manoyama_PR

1:2017/06/29(木) 00:58:23.26 ID:
2017/6/29 0:30

 廃れた観光地・間野山市の国王になった主人公・木春由乃を中心に、前向きに頑張る5人の女の子たちの姿を描く物語『サクラクエスト』。新たな展開が始まる第2クールの放送が、2017年7月5日(水)よりスタートします。

 そんな第2クールの放送に向けて、新キービジュアルが解禁となりました! 青空の中、前向きに明るい表情を見せる由乃たち5人のメインキャラクターの姿が描かれています。

 また、本作の音楽を手掛ける(K)NoW_NAMEの新オープニング&新エンディング・テーマを発表!

 オープニング・テーマの「Lupinus」は、パワフルで前向きな気持ちを表現した疾走感溢れるナンバー。そして、エンディング・テーマの「Baby's breath」は、等身大の気持ちを歌った爽やかなナンバー。作品世界をイメージした印象的な楽曲が楽しめます。



 公式サイトでは、最新PVも公開! キャラクターの魅力あふれる映像とともに、新オープニング・テーマ「Lupinus」が、本PVにて楽曲初解禁! 9月16日(土)に(K)NoW_NAMEの1stワンマン“LIVE”開催も決定しています。新オープニング&新エンディング・テーマは7月5日(水)より放送される第14話より放送となりますので、お見逃しなく!

 さらに、第2クールに向けて、7月2日(日)に、AT-Xとニコニコ生放送で、TVアニメ『サクラクエスト』第1話~13話までの一挙放送が決定! これまでの物語をぜひお楽しみください!

     ===== 後略 =====
全文は下記URLで

http://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1498638611
Copyright © animateLAB Corporation. All Rights Reserved.
2:2017/06/29(木) 00:59:01.48 ID:
2クールだったのかよ
シロパコになれなかったウンチアニメだろ?
3:2017/06/29(木) 01:04:00.09 ID:
映画撮って合コンやってってなんか忙しくて ドーンって感じがしない
4:2017/06/29(木) 01:09:15.59 ID:
本気で町おこし始めてから、段々重くなってきているこのアニメ。
続きを読む

【テレビ】アメトーーク!本屋でマンガ大好き芸人[06/28]

1:2017/06/28(水) 22:39:09.27 ID:
2017年06月28日 18:00
マンガが大好きな芸人たちが、6月29日放送の『アメトーーク!』(テレビ朝日系列、毎週木曜23:15~)に集結。スタジオを飛び出し、都内の書店でロケを敢行する。

マンガ大好き芸人として登場するのは、ケンドーコバヤシ、有吉弘行、川島明(麒麟)、小沢一敬(スピードワゴン)、小宮浩信(三四郎)、そして広瀬アリス。彼らが、自分の大好きなマンガやオススメのマンガについて熱く語っていく。

有吉大興奮の最新マンガや、ケンコバ、川島が今一番ハマっている作品とは? メンバーがマンガを読み始めたきっかけやアツ過ぎるマンガ愛を語り尽くす。さらに、マンガ雑誌から単行本まで、
ありとあらゆるジャンルのマンガについて、有吉、ケンコバたちが楽しく紹介。ラストはそれぞれが好きなマンガのヒロインは誰なのかも選び、発表。有吉の意外な好みの女性のタイプも発覚する。
http://dogatch.jp/news/ex/45696
2:2017/06/28(水) 22:49:53.71 ID:
こっち来るな糞芸人
3:2017/06/28(水) 22:53:00.28 ID:
このメンツだとキングダムべた褒めの流れかな
4:2017/06/28(水) 23:05:28.32 ID:
漫画と言ってもジャンル広いからなぁ
どんな作品が飛び出すかちょい興味あるよ
続きを読む

【漫画】新シリーズ「金田一二三誘拐殺人事件」次号マガジンで始動、謎解きイベントも

1:2017/06/28(水) 21:33:59.98 ID:
7月5日発売の次号週刊少年マガジン31号(講談社)より、
天樹征丸原作によるさとうふみや「金田一少年の事件簿R 金田一二三誘拐殺人事件」がスタートする。

1992年に連載開始され、今年で25周年を迎えた「金田一少年の事件簿」シリーズ。
新作の「金田一少年の事件簿R 金田一二三誘拐殺人事件」は、連載25周年を記念した作品だ。

また連載とクロスオーバーした謎解きイベント「金田一少年の事件簿R(リターンズ) 呪いの手紙の秘密」が、
7月5日から10月11日まで京王線、 井の頭線、都営地下鉄にて実施される。


これはヒロイン・七瀬美雪に「呪いの手紙」を送った犯人を見つけ出す体験型イベント。
駅で配布される「謎解きラリー冊子」に記載された謎を解きながら、
沿線を回り10の謎をクリアすると、賞品が当たるプレゼント抽選に応募できる。

さらにイベント期間中に、 京王線、井の頭線のそれぞれ1編成にオリジナルヘッドマーク、
都営地下鉄新宿線の1編成にオリジナルステッカーをつけた特別車両が登場。
犯人を見つけ出した人は、このヘッドマークおよびステッカーが当たるプレゼント抽選にも応募できる。
謎解きイベントの詳細は、特設サイトにて確認を。



金田一少年の事件簿R~呪いの手紙の秘密~|東京都|リアル宝探しタカラッシュ!
http://blacklabel.takarush.jp/promo/kindaichi/

以下ソース:コミックナタリー 2017年6月28日 19:41
http://natalie.mu/comic/news/238625
2:2017/06/28(水) 21:44:52.55 ID:
誘拐されちゃったか、ひふみん
3:2017/06/28(水) 21:44:55.97 ID:
ひふみん?
4:2017/06/28(水) 21:47:51.95 ID:
ふみってはじめの妹だっけ
続きを読む

【アニメ】「アリスと蔵六」BS11にて7/8(土)より再放送決定&エンドカードイラスト大募集! @alicetozouroku

1:2017/06/28(水) 20:26:38.70 ID:
2017.06.28
「アリスと蔵六」BS11にて7/8(土)より再放送決定&エンドカードイラスト大募集!

最終回の放送を迎えたばかりですが、さっそくBS11にて再放送が決定いたしました!

BS11 7/8(土)より毎週土曜 19:00~

初回1時間SPで放送した第1話は前編・後編に分けて全13回の放送になります。

さらに、再放送を記念してエンドカードイラストを募集します!
採用されたイラストは、BS11での再放送の際、第3話以降各話のエンドカードに使用されます。皆さんのご応募をお待ちしております!

<応募方法>
『アリスと蔵六』に関係するイラストを144dpi以上でご作成頂き、TVアニメ『アリスと蔵六』公式ツイッター(@alicetozouroku)にダイレクトメールにて、ペンネームと合わせてご応募ください。

<募集期間>
第3話~第7話用エンドカードイラスト:6/28(水)~7/9(日)
第8話~第12話用エンドカードイラスト:7/15(土)~7/31(月)

<注意事項>
・イラストは、第三者の権利を侵害しない、未発表のオリジナル作品に限ります。
・イラストの著作権、その他一切の権利は、「アリスと蔵六」製作委員会に帰属するものとし、番組内や作品公式サイト・ツイッターでの紹介の他、将来あらゆる方法で使用される可能性があります。
・イラストの紹介にあたっては、ペンネームを紹介させて頂きます。また、イラストに関しては、必要に応じた改変がなされる場合があります。
・すべてのイラストが紹介されるとは限りません。また、採用の状況などのお問い合わせにはお答えできません。
http://www.alicetozouroku.com/news/32.html
11:2017/06/28(水) 21:04:46.76 ID:
>>1
誰得?
2:2017/06/28(水) 20:29:17.78 ID:
イラネ
3:2017/06/28(水) 20:33:06.93 ID:
再放送て。
続きを読む